どんな成分が入っているか

植物性だから使いやすくて頭皮にも優しい

AGAが気になるものの、専門医のところに行くことには抵抗があるという人は、市販の育毛剤でヘアケアをしてみてはいかがでしょうか。クリニックで処方される育毛剤と比べると、ミノキシジルなどの発毛成分は使用されていませんが、髪の毛が正しく成長できるように環境を整える為の成分がたくさん詰まっています。どの成分が自分の体質と相性がいいかは使ってみないと分からないので、出来るだけたくさんの種類の発毛成分が採用されているものを使うのがポイントです。センブリエキスなど、植物性の成分中心なら低刺激なので頭皮のアレルギーも起こりにくいので、敏感肌の人やアレルギー体質の人でも頭皮の荒れを気にすることなく、毎日安心して使えます。

植物性の成分の中で入っている方がいいものとは

頭皮に優しい植物性のエキスを使っていて、添加物の使用も抑えられている育毛剤はたくさん発売されています。それぞれの育毛剤で使われている成分が細かく違っているので、具体的にこれらのうちどの成分に注目して選べばいいのか知りたいと思っている人も多いはずです。植物由来のエキスの中でも、定番化した存在と言えるのがセンブリエキスです。この成分には血行促進効果や抗酸化作用の他、毛母細胞の働きを高める効果があります。血行がよくなれば毛母細胞に届けられる栄養が増えますし、抜け毛や薄毛も防止されるので、より効果的な薄毛ケアができるようになるのです。他にも5αリダクターゼの働きを低下させる、ノコギリヤシのエキスもよく配合されています。