副作用が起きやすいかどうか

副作用が起こる場合も

ドラッグストアなどで誰でも手軽に購入することができる育毛剤で、頭皮をケアするという場合は副作用に注意が必要です。市販されている育毛剤の多くは、副作用が起こり難い処方で作られています。しかし、頭皮の状態や肌質などによっては副作用が起こる危険性もあるのです。身近ンい手に入る育毛剤で起こりやすい副作用としては、頭皮の炎症や痒み、かぶれなどが挙げられます。このような副作用が出た場合は、育毛剤の使用を中止して医師に相談するようにしましょう。炎症に痒み、かぶれといった軽い症状なので放置してしまう人もいるようですが、このような状態が続くと頭皮へのダメージとなり、かえって薄毛を招く危険性があります。もし、副作用が出た場合は適切な対処を行いましょう。

まずはパッチテストを行おう

市販の育毛剤で副作用が出ないかどうか調べるには、頭皮につける前にパッチテストを行うのがおすすめです。前もってパッチテストを行い、もし肌にトラブルが起こった場合は、使用しないほうが良いでしょう。パッチテストといっても難しいものではありません。まず腕や太ももの柔らかい部位に、育毛剤を1滴から2滴程度馴染ませます。そして、その上から絆創膏を貼って24時間以上待つだけです。もし24時間以内に炎症や痒みなどの肌トラブルが出た場合、その育毛剤は合っていないと考えられます。より正確なテストをしたいなら、48時間おくのがベストです。ちょっとした一工夫で、自分の肌に合うかどうかを判断できるパッチテスト、副作用が起こるリスクを下げるためにも行いましょう。