起こりうる副作用の種類は何か

育毛剤で起こりうる最も頻度の高い副作用

育毛剤を使用する上で最も起こる頻度が高いとされている副作用が頭皮の炎症やかゆみなどです。専門的には接触性皮膚炎などとも呼ばれますが、育毛剤を塗布することによって炎症やかゆみなどが生じてしまうのは効果が強いものであればあるほど頻度が高まります。
この副作用が発生する理由としては、育毛剤に含まれている成分やアルコールなどの刺激が強すぎて炎症を引き起こしてしまうのです。かゆみ程度であれば継続を続けることによって副作用が出なくなったり、軽減されることもあります。しかし、肌がただれてしまうような副作用が出てしまったりする場合には継続して使用することが頭皮にとってむしろマイナスになるので使用を中止しなければなりません。

効果が出る前兆の副作用

効果が強い育毛剤で起こる可能性があるものの中には、育毛剤の効果が出る前兆として生じることがある副作用もあります。その副作用こそが「初期脱毛」です。
初期脱毛とは、初期段階で起こる抜け毛の増加のことですでに弱くなってしまっている毛が、育毛剤を使用することにより抜け落ちてしまうというものです。抜け毛が増えるので不安になってしまう人も多いですが、抜けてしまった髪のあった部分には強い毛が控えている証拠でもあるので良い兆候となっています。育毛剤の効果が出る前兆とも言えるので副作用と言えるかどうかはわかりませんが、この初期脱毛が起きたことによって使用を中止してしまう人も少なくありません。初期脱毛は1.2.ヶ月程度で落ち着くことが多いのでその間を我慢することが大切です。